TERAKOYA

052-982-6970052-982-6970

てらこやブログ

【テスト対策】内申点アップにはテストを乗り切れ!

11

(名古屋市HPより)

 

名古屋市北区上飯田の小中学生専門の個別学習塾TERAKOYAです。

 

名古屋市北区のデザインマークであるキタッコと、

マスコットキャラクターのくすのっちですね。

すいません、初めて知りました・・・(;'∀')

 

もうここまできたらテストが終わるまで、テスト関連ネタを連投します。

だって生徒が黙々と勉強し続けていて、声をかけるにもかけられない状態なんです(笑)

本当にまさにこの状態が自立学習そのものですね。

この状況が目指すべき境地であり、これをもっと大人数で分かち合いたいですね~。

 

では今回は、前回内申点のことに関して触れてみましたので、今回は公立高校入試に的を絞ってもう少し掘り下げてみたいと思います。

 

 

■ 愛知県公立高校入試~内申点について

 

 

①内申点について

 

 

まず、公立高校の合否を決めるのは、当日の入学試験と内申点の合計で決まります。

ですから、先に申し上げた通り、定期テストでいくら良い点数を取っていたからと言って、

当日の学力試験で良い成績が取れるとは限りませんし、

逆に学力試験には自信があるからと言って、内申点対策を疎かにしてしまってはいけません。

 

そして、内申点の評価対象となるのは1年生でも2年生でもありません。

3年生の成績が評価の対象になります。

また、以前とは違い絶対評価となっている為、以前に比べより内申点対策というのが重要な位置づけになってきます。

 

 

②評価は9教科

 

 

内申点は主要5教科(英・数・国・理・社)だけではなく、実技4教科(音・美・保体・技家)も対象になります。

また、それぞれの評価基準も地域・学校・担当教員によっても異なりますが、

私が見てきたところによると、

 

主要5教科

→中間・期末テスト結果・・・約6~7割、提出物・授業態度・・・約3~4割

 

実技4教科

→中間・期末テスト結果・・・約3~4割、実技・授業態度・・・約6~7割

 

というのが大体の評価基準ではないかと思います。

 

実技4教科に関しては、得意・不得意が分かれてしまうため、例えば運動が苦手な子が保健体育を敬遠しがちになったり、絵が上手でない子は美術が苦手だったりすることもしばしば見受けられます。

 

ただ、それではあまりにも勿体ないので、少しだけアドバイスをしておくと、

①授業は欠席しない

②先生の言うことは必ず聞く

③提出物は必ず提出

④テストを疎かにしない

ということさえ守れば、内申で3~4は取れると思います。

好きでなくても良いので、嫌いにはならないでほしいと思いますね。

 

 

③活動・性格

 

 

基本的に学校の先生も自分の学校の生徒を悪く言うことはしないので、特別気にする必要はありませんが、

推薦を受けようとするならば話は別です。

学級委員や生徒会、部活動の入賞などは評価対象になりますの。

ただ、高校によっても評価基準は異なりますので、県大会で1位になったからと言って必ず合格するとは限りません。

 

 

愛知県公立高校入試日まであと残り105日。

今回のテストでも悔いの残らないように勉強するのは勿論ですが、

その先に待ち構えている入試も見据え、生徒さんには頑張ってもらいたいと思います。

 

 

未来を担うお子さんの成長のサポート役

名古屋市北区上飯田の個別指導塾TERAKOYAです。

TERAKOYA

〒462-0808
名古屋市北区上飯田通2-34-1

まずはお電話にてお気軽にご連絡ください。
TEL:052-982-6970
14:00~21:00

2016年11月24日

カテゴリー:

お問い合わせ

page_top

TERAKOYA

〒462-0808名古屋市北区上飯田通2-34-1

まずはお電話にてお気軽にご連絡ください。

TEL052-982-6970

月~金曜日/14:00~21:00※時間外は転送でお受けいたします。

ご希望の方には、無料体験も承っておりますので、お申しつけ下さい。

Google mapはこちらGoogle mapはこちら